OAKLEY

OAKLEY -オークリー-

1975年、ジム・ジャナードによってモトクロス・BMXのハンドグリップメーカーとして創設され、その後はゴーグルの開発を経て、80年代にサングラスを主力商品としてアイウェア業界に参入。高い機能性を備えたレンズと、斬新で近未来的なデザインにより、スポーツサングラスのトップメーカーとしての地位を不動のものとしました。
そのクオリティの高さは、米軍特殊部隊SEALsやデルタフォースで正式採用されたほか、ロードレース、スノーボード、野球、ゴルフ等のトップアスリートが使用していることからも証明されています。

「ICRX NXT」レンズで、メガネとしても使用できます!

今まで度付きサングラスを作成できなかった方必見!耐衝撃性、光学性ともに最高水準を誇るNXTレンズを使用すれば、憧れのサングラスがメガネになります。また、メガネのセイコーはオークリー正規取扱店となっておりますので、豊富な種類の中からお選びいただくことができます。
度付きサングラスをお探しの方は、ぜひ一度メガネのセイコーにご相談ください。

当店人気モデル

  • JAW BREAKER

    究極のスポーツモデルと言える、機能とデザインを兼ね備えたモデル。ステム部分は、三段階に長さの調節が可能です。

  • RADAR LOCK

    オークリー鉄板モデル、RADERの最新モデル。一眼タイプのレンズ設計になっているため、視野の広さは抜群です。

  • FLAK JACKET 2.0

    従来のFlak Jacketに比べ、レンズの天地幅が広がり、より広範囲をカバーするようになったことで眼を確実に守ります。

  • FLAK JACKET

    シンプルなデザインと抜群の掛け心地から、スポーツ目的だけでなく、プライベート用のサングラスとしても人気が高いモデルです。

OAKLEY カスタムアイウェアのご紹介

オークリーのサングラスを作る魅力の1つとして、自分のオリジナルサングラスを作ることがあげられます。
今回は人気シリーズ、Half Jacket 2.0を例として、カスタマイズの流れをご紹介いたします。

  • フレームカラーを選ぼう!

    STEP
    1
    フレームカラーを選ぼう!

    オークリーのホームページ内のカスタムという項目、または実際の店舗にてカラーを選びましょう。店舗にある他のフレームカラーを参考選にすると、よりイメージが浮かびやすいかもしれません。今回は「オレンジ」を選択。

  • アイコンカラーを選ぼう!

    STEP
    2
    アイコンカラーを選ぼう!

    アイコンカラーも種類が豊富にございます。
    アイコンカラーはワンポイントですが、その色の違いでサングラスのイメージもガラっと変わるため、見本のカラーと比べながら選びましょう。

  • イヤーソックのカラーを選ぼう!

    STEP
    3
    イヤーソックのカラーを選ぼう!

    耳にかかるグリップ部分も色がお選びいただけます。
    光沢感のある素材のフレームに対し、イヤーソックはゴム製のマットな感じなため、色の仕上がり具合、素材の違いで個性を出すのも面白いです。

  • レンズカラーを選ぼう!

    STEP
    4
    レンズカラーを選ぼう!

    レンズカラーはフレームとの兼ね合いもありますが、ご自身のプレースタイルによっても変わってきます。車の運転、ゴルフ、釣りなど、様々な用途に合わせたレンズカラーもご提案させていただきます。

  • オリジナルサングラスの完成!

    STEP
    5
    オリジナルサングラスの完成!

    これにて、自分だけのサングラスの完成です。
    レンズの下方にエッチングという名前を入れるサービスもございますので、お気軽にお申し付けください。

FacebookTwitterLine

メガネ・サングラス・コンタクト・補聴器のことなら

お気軽にご相談ください!

他のフレームブランドもチェック